スタッフブログ

重量鉄骨造住宅同居のための二世帯リフォーム折板屋根塗装改修工事

静岡市清水区で施工中の重量鉄骨住宅二世帯リフォーム

今回は、折半屋根塗装改修工事の様子です。

 

築31年の折板屋根です。

全体的に錆が目立っていましたが、穴が開くほどではなかった為

塗装改修となりました。

 

 

まずは全体を高圧洗浄し、埃・ゴミを除去します。

 

高圧洗浄完了の状態です。

埃・ゴミは、綺麗に除去できました。

 

 

今回は、錆の状態が進んでいたので、ベビーサンダーにて

表面のサンディングを行います。

 


サンディング後は、浮き錆や表面の凸凹も取れ、均一になりました。

 

タイトフレームの剣先もサンディングし、浮き錆を除去します。

 

下塗り材(プライマー)です。

最近は、この工程を省ける材料もありますが、やはり対応年数が違います。

塗った直後は綺麗ですが、数年経つと捲れて来るのは、この工程の有無で

変わってきます。

 

下塗り材を、ローラーにて全体に塗っていきます。

(他の場所の細かな鉄部も全て塗ります。)

 

下塗り完了です。

 

仕上げは遮熱塗料「パラサーモシリコン」にて仕上げます。

こちらはローラーにて2度塗を行います。

 

1回目の塗装状況

 

2回目の仕上げです。

 

パラサーモシリコンの遮熱塗料の施工完了です。

 

今回は、グレー色を採用しましたが、

低い屋根などで隣家から見た目も気になる場合は、

他の色もありますのでご相談ください。

 

屋根の谷樋幅が大きかったので、内部も塗装を行いました。

静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も

住まいの事なら何でも!ご相談ください。

 

 

 

 

 

おかげさまで創業103年!!信頼と実績の

PanasonicリフォームClub池田建設(株)

静岡市駿河区曲金2-3-8
054-654-5211

 

ご相談はこちらから
0120-333-271 0120-333-271
お問合せ資料請求

清水区で手すりの取り付けを行いました。築19年の重量鉄骨造住宅オーナー様宅

こんにちは、Ko.Vです

 

前回はH様邸でのトイレ改修工事をお伝えしましたが、

今回は同じくH様邸での手摺取付け工事の様子をお伝えいたします

手摺を取り付ける箇所は、玄関の外と内、1階トイレの外と内、

2階トイレの外と内、1階の洗面所と浴室、階段の合計9ヶ

 

まずは、下地を探して……、

下地がある場所に目印をつけて、手摺を取付けていきます

そしてカバーをかぶせれば、手摺取付け完了

ちなみに、下地がない所に手摺をつけてしまうと、

人が体重をかけるのには不十分な強度になってしまうそうです

また、手摺の固定金具は、一定のスパンでとめないと強度が足りなくなってしまう、

とメーカーの仕様書にも載っているので、

固定金具の位置にも気をつけなければなりません

例えば、今回の階段

手摺を取付ける前の、下地確認の段階ですが、

どうしても中央あたりは下地がない位置になってしまうことに

しかし、固定金具の必要なスパンを考慮すると、省くわけにもいきません

こういった場合は、ベース材というものを使い、下地の役割を果たしてもらいます

下地のある箇所にベース材を取付けて繋げば、ベース材自体が強度のある下地になり、

固定金具を十分なスパンで取付けることができます

外玄関の手摺は、金属製のタイプで、また取付け方法が異なります

まずは、手摺がおりてくる位置に穴をあけて、

位置を確認して、外壁側を留めつけ

その後に、あけた穴にセメントを流して埋めれば完了

特に玄関の段差というのは、足腰が弱ってくると多くの方が障害に感じる部分

こういった手摺1つあるだけでも、体への負担を大きく減らしてくれるのではないでしょうか

 

私の自宅では、自立するタイプの手摺と壁に固定した手摺がありますが、

やはり壁にしっかりと固定されているとより安心感がありますね

思いがけない力が加わってもビクともしない、

体を預けられるような安心感もあるので、

施主様もこれからの生活も安心して暮らせると喜ばれていました

住宅のバリアフリー化だけでなく、安心して暮らせることを提供する、

という使命感を持って多くの現場に携わることが出来るよう頑張りたいと思います

また次回の更新もご覧になってください

静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も

住まいの事なら何でも!ご相談ください。

 

 

 

 

 

おかげさまで創業103年!!信頼と実績の

PanasonicリフォームClub池田建設(株)

静岡市駿河区曲金2-3-8
054-654-5211

 

清水区でトイレのリフォームをおこないました。築19年の重量鉄骨住宅オーナー様宅

こんにちは、Ko.Vです

 

新しく、トイレの改修と手摺取付けの工事を担当しましたので、

その工事の様子をお伝えしたいと思います

今回のH様邸では、トイレが古くなってきたので、キレイにしたいというご要望で、1階と2階の便器を

取り替えるのと一緒に、壁クロスと床クッションフロアーも変えて、一新することに

また、足腰が不自由になって移動が難しくなってきた家族のために手摺を付けたい、

ということで、手摺取付け工事も行います

 

今回は、手摺取付け工事の前に、トイレ改修工事から行うことに

3階建ての住宅で、お客様は1階と2階のトイレをよく使われるそうですが、

業者さんからは2つ同時に取ってしまうと

新しい便器を設置するまで日をまたいでしまうとのこと

お客様が住まわれている現場での工事ということで、お客様に不便が無いように進めなければなりません

なので、寝室のある2階のトイレから先に取り替えて、

1階のトイレも同日に撤去し、新しい便器を設置するのは翌日に、という手順に

 

こちらの2階トイレをまず、

水道業者さんが既存のトイレを撤去

取り外し終えたら、クロス業者が壁クロスと床クッションフロアーを張替え、

再び水道業者が入り、新規トイレの設置

こうして、2階のトイレの改修は完了です

 

続けて、1階トイレの取り外しも行い、この日は作業終了

 

そして、翌日、クロス業者が入り、2階と同じように壁クロスと床クッションフロアーの張替え

 

それを終えたら、水道業者がまた入って新規のトイレを設置

こうして1階のトイレの改修も完了し、トイレ改修工事は完了

1階のトイレの床クッションフロアーは、お客様から、

今までの物が気に入っているから同じ柄のもので、というご要望があり、

同じ柄のもので新しいものに張替えました

トイレも新しく、リモコンパネルが付いたので、

トイレのレバーを引くために後ろを向く必要もなく、操作が可能に

お客様もキレイに生まれ変わったトイレを見て喜ばれていました

 

トイレの壁紙や床の色や柄だけでなく、便器の色も新しくホワイトに変わったので、

より清潔感を感じられるような仕上がりになりましたね

試運転すると、以前よりも少ない水で流してくれるので、水道代の節約にも貢献してくれそうです

次は、手摺取付け工事

また次回にお伝えしますので、ぜひご覧になってください

 

  •  

  • 静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も

    住まいの事なら何でも!ご相談ください。

     

     

     

     

     

    おかげさまで創業103年!!信頼と実績の

    PanasonicリフォームClub池田建設(株)

    静岡市駿河区曲金2-3-8
    054-654-5211

 

 

おうちのぷちリフォーム 和室洋室の内装をきれいに 駿河区

 

みなさまこんにちは。

短い今年の夏休み

何とか、少しでも思い出になるような・・・・・と工夫されながら過ごしている方が

たくさんいらっしゃいますね。        そんな時には、プチリフォーム

お部屋のクロスを貼り替えるだけでも、工夫次第で楽しい思い出づくりになるのではないでしょうか?

 

さて、池田建設のリフォーム工事ですが・・・

和室から数日後に、洋室のリフォームも始まりました、このお宅。

まずは、漆喰の壁の補修と塗装です。

いかがですか?

数か所にあった ”割れ” もきれいに補修させていただきました。

 

そして、床はカーペットからフローリングへのリフォームです。

カーペットは、きれいにはがし終わり、大工さんがフローリングを貼るための準備中。

この他、収納部分のリフォームとカーテンも新しいものにさせていただきますので

だいぶ雰囲気が変わるのではないかと思います。

完成が、楽しみです 

静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も

住まいの事なら何でも!ご相談ください。

 

 

 

 

 

おかげさまで創業103年!!信頼と実績の

PanasonicリフォームClub池田建設(株)

静岡市駿河区曲金2-3-8
054-654-5211

重量鉄骨リフォーム フルリフォーム内部をスケルトンに解体工事中です

 

みなさまこんにちは。

池田建設のリフォーム工事は、厳しい暑さにも負けず 

順調に解体工事が進んでいます。

重量鉄骨リフォーム

玄関前の樹木の伐採も終了し、建物の解体が始まっていますが

現場で監督と業者さんが確認をしながら、細かい部分を手作業で解体していきます。

この暑さの中での力仕事。 今年は特に普通の暑さではないので、大変です。

そして、細かい部分の解体が終了したところで、今度は重機を使っての解体。

ハイペースで作業が進み、スタートからすっかり様子が変わりました。

この後は、大工さんが手作業での解体に入ります。

静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も

住まいの事なら何でも!ご相談ください。

 

 

 

 

 

おかげさまで創業103年!!信頼と実績の

PanasonicリフォームClub池田建設(株)

静岡市駿河区曲金2-3-8
054-654-5211

駿河区でタイルのお風呂からユニットバスにリフォームしました

 

みなさまこんにちは。

危険な暑さが続いています。 水分補給はしっかり 

コロナ対策 ・・・ 熱中症対策 ・・・ 大変ですが、何とか乗り切りましょう 

さて、先日スタートいたしました、浴室のリフォーム工事の様子ですが 

解体終了後、土間コンクリートも打ち終わり

 

床下もきちんと確認  (洗面・脱衣室の床下ですね)

そして、大工さんの作業で、入口部分をきれいに仕上げてもらい

ユニットバス設置準備が完了しました。 

さて、いよいよ新しいユニットバスが入ります。

事前にショウルームで、サンプルと展示品をご覧いただきながらお選びいただいた

ご要望の 『このスペースに設置できる、できる限り大きなお風呂』 です。

いかがですか?

『ぴったりサイズ』 でご用意できるユニットバスの設置、完了です。

このあと、洗面・脱衣室の床にはクッションフロア・・・壁と天井にはクロスを貼り

洗濯機と、新しい洗面台が入って工事完了です。

次回は、完成の様子を・・・・・お楽しみに

静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も

住まいの事なら何でも!ご相談ください。

 

 

 

 

 

おかげさまで創業103年!!信頼と実績の

PanasonicリフォームClub池田建設(株)

静岡市駿河区曲金2-3-8
054-654-5211

新築後の家の点検訪問に伺いました!屋根から外回り家の中を点検します~Ko.Vの新人日記

 
 
こんにちは、Ko.Vです
 
今回は、先輩社員に同行してアフター点検に同行しました
 
池田建設では、新築してから、1年、3年、5年、7年、10年に
アフター点検担当の社員が点検を行います
 
今回、点検したのは、こちらの外壁のタイルがキレイなお宅
アフター点検担当の先輩社員と一緒に外回りから確認
その後、屋根に上り、折板屋根のボルトや排水に
枝や鳥の巣が詰まっていないかも確認
 
太陽光パネルのあるお宅の場合、太陽光発電のパネルが割れていないか、
架台がしっかり固定されているか、パネルの下に枝などがたまっていないか、
といったことも見ていきます
 
普段見ることのできない屋根上なので、現状がどうなっているのか
お客様にも確認してもらう為、屋根全体の写真を撮っています
 
屋根を確認し終えたら、屋内の内装や建具、設備に
異常がないかのチェックを行います
 
一通りチェックを終え、どこにも異常はなく、
お客様もお困りになっていることは特にないとのことで無事完了
 
先輩社員と一緒に屋根も見たのですが、この時期はホントに暑いですね
日差しの熱を屋根が反射するので、上に立っているだけでも汗が
いつも外で働かれている職人さん達はこんなものではない、
と思うと頭が上がらないです
 
みなさんもこの時期はコロナだけでなく、熱中症にも気をつけてください
Ko.Vでした

静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も

住まいの事なら何でも!ご相談ください。

 

 

 

 

 

おかげさまで創業103年!!信頼と実績の

PanasonicリフォームClub池田建設(株)

静岡市駿河区曲金2-3-8
054-654-5211

 

街中の重量鉄骨住宅オーナー様宅、10年目の定期点検です。三島市

重量鉄骨住宅オーナー様宅にお邪魔しています。

10年目の定期点検なのです。

屋根上からベランダ、建物の内外の隅々まで確認していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物の周囲も確認中!

お腹の出っ張った私には入れない所も、

アフター担当 HASHIさんなら 大丈夫です。

駐車場も二台 確保されての建築プランニングのお客様宅。

10年経ちましたが、本当にキレイにお手入れされています。

ありがとうございます。

今後も永いお付き合いのほど、よろしくお願い致します。

静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も

住まいの事なら何でも!ご相談ください。

 

 

 

 

 

おかげさまで創業103年!!信頼と実績の

PanasonicリフォームClub池田建設(株)

静岡市駿河区曲金2-3-8
054-654-5211

 

重量鉄骨造住宅の塗装リフォーム工事第7弾お引渡し ~Ko.Vの新人日記

 

こんにちは、Ko.Vです

 

全ての塗装の工程も終わり、いよいよお引渡しなのですが、

その前に社内検査といって、施工管理している私たちが検査をする作業があります

今回のI 様邸は塗装工事のみなので、

塗装屋さんと一緒に工事に問題がなかったかを確認していきます

社内検査ということで、先輩社員の方も同行

以前、同行させていただいた新築住宅の社内検査では、

大工さんや水道屋さん、電気屋さんに内装業者の方まで一同揃っての検査でした

このI 様邸では以前、雨漏りがあったとのことで、

今は雨漏りはないようですが水かけ検査も行って、

屋内への水漏れがないかも確認していきます

水かけ検査はそのままの意味で、高圧洗浄機で怪しいと思われる箇所一帯に水をかけて、

漏れがないかを確認する作業です

塗装前の高圧洗浄の時にも行っており、今回は工事後の確認のために行います

このように水をかけて、

 

天井裏を確認しましたが、全く漏れはありませんでした

(外壁、ベランダ、屋根も塗装して、コーキングの補修もしたので当然ではあるのですが……)

 

こうして、工事に問題がなかったことを確認出来たら、足場払い

工事中ずっとお世話になった足場ですが、解体する時はあっという間

足場がなくなったことで、ようやく塗装後の全体像が見えてきました

以前は白っぽくなってしまっていた外壁も、

新しく塗装したことでまるで新築のように

見た目だけでなく、今までの記事でお伝えしたように、

防水性や遮熱性に優れた塗料たちをそれぞれの箇所に使用しているので、

キレイな外観を長く保ってくれる上に、屋内環境を快適にすることにも貢献しています

 

こうして、全ての工程を終え、ようやくお引渡し

I 様も新築のようにキレイになったご自宅を見て喜ばれていました

 

塗装工事、ってただ塗るだけの工事?と思っていた建築初心者な私でしたが、

この工事を通じて自分の見識の違いを実感し、

また、池田建設ではここまで丁寧に工事を行っているのだと知ることができました

また新しい現場の様子などをお伝えしていきますので、ぜひご覧になってください

静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も

住まいの事なら何でも!ご相談ください。

 

 

 

 

 

おかげさまで創業103年!!信頼と実績の

PanasonicリフォームClub池田建設(株)

静岡市駿河区曲金2-3-8
054-654-5211

葵区で中古物件を購入されたお客様からのご依頼でリノベーションしました

 

みなさまこんにちは。

静岡市葵区本通りで、鉄骨住宅のリフォーム工事が完成です。

鉄骨中古住宅をご購入されたお客様からのご依頼で

1階部分をリフォームさせていただきました。

元々は、1階が駐車場で、2階・3階が事務所兼住宅という建物でしたが

この建物の半分を解体し、2階・3階はご家族のプライベートルームとして

そのままお使いになるとのことで、1階部分にご家族が集まるLDKと

お風呂・おトイレを設置し、駐車場から居住空間にリノベーションです。

 

元の裏口からご覧いただきましよう。駐車場のシャッターと、事務所入り口のシャッターです。

シャッターを開けると、駐車場ですからなにもありません。

この奥も、やっぱり駐車場・・・ちいさなお手洗いだけがありました。

そしてココが、新しくなった1階の裏口です。自転車を止められる土間スペースも・・・・・。

そして、中に入ると廊下とその奥にLDKがあります。

この廊下とLDKは、床暖房も入れさせていただきました。 

冬はとてもあたたかくお過ごしいただけると思います。

そして建具はすべて引き戸にし、床はバリアフリーなので安心です。

ご家族皆さんが集まるLDKは、ゆったりした明るいスペースになりました。

いかがですか?

駐車場が、こんなに明るい・暖かい居住空間になりました。

そして・・・・・表側ですが。

元々。敷地いっぱいまでたてものがありました。

ここを半分解体し、玄関の前をカーポート付きの駐車場にしました。

こちらが、新しい玄関です。

静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も

住まいの事なら何でも!ご相談ください。

 

 

 

 

 

おかげさまで創業103年!!信頼と実績の

PanasonicリフォームClub池田建設(株)

静岡市駿河区曲金2-3-8
054-654-5211

ページトップへ戻る