スタッフブログ

築40年の鉄骨造3階建て住宅外装リノベーション工事! 🗻海や富士山の見えるベランダの改修工事🗻をご報告致します。

こんにちは、すっぽんです🐢

今回は静岡市清水区由比のI様邸、

築40年の鉄骨3階建て住宅の外装を修繕する工事となります。

その中のベランダ防水の改修工事をご紹介させていただきます。

築40年鉄骨造住宅ベランダ防水リフォーム中の写真       

築40年鉄骨造住宅ベランダ防水リフォーム中の写真

とても景色が良いベランダでお施主様もとっても気に入られていますが、

水の排水が悪くて手摺やテラス屋根も傷んでいたので改修依頼をいただきました。

築40年鉄骨造住宅ベランダ防水リフォーム前の写真

まずは既存のベランダの解体工事です。

立上りの壁や手摺、防水材を取り除いています。

築40年鉄骨造住宅ベランダ防水リフォーム中の写真

 

次に、ベランダ廻りの立ち上がり壁、

新規に鉄骨下地を施工していきます。鉄骨下地に不燃ボードを張付けて

立上りの防水下地となります。

築40年鉄骨造住宅ベランダ防水リフォーム中の写真

 

立ち上がり壁が出来ましたら、防水下地工事です。

左官工事で土間の勾配の修正をしていますが

水溜まりが出来ない様に滑らかな勾配にしてから防水処理を行う為です。

築40年鉄骨造住宅ベランダ防水リフォーム中の写真

 

下地モルタルがしっかりと乾いてからウレタン塗膜防水材を施工するのですが

その乾燥を水分計で測ってから防水工事を行います。

ちなみに水分が8%以下が目安となります。

でも 改修工事ですから、乾かしている間に雨が降ってしまうと大変ですから

すぐに防水工事をしなきゃです。

今回は『通気緩衝工法』という防水工法を採用しています。

防水層の下に『通気シート』を施工し、『脱気盤』という空気抜け口を設けます。

そうする事で 万が一防水層の下、『下地』に水分が残っていても

防水層の下の『通気シート』の下から『脱気盤』を通って

蒸発した水分が逃げてくれるんです。

新しく施工した防水が 下地の水分で膨れ上がってしまう事を防ぐ工法となります。

 

築40年鉄骨造住宅ベランダ防水リフォーム中の写真

今はこの状態となっております

この後の工程としては、立ち上がり部分に板金処理をし笠木付の手摺を施工していきます

次回、施工完了後に紹介させていただきます

お楽しみに!

 

また、11月11日(土)・12日(日)に鉄骨造住宅の断熱相談会を開催致します!

断熱に関してはもちろん!

断熱のことだけではなく、鉄骨や木造、住宅にまつわることはどんなことでもご相談ください。詳しくはこちらから☟

11/11㊏.12㊐鉄骨造住宅のお悩み【寒いを解消】断熱リノベ相談会

 

断熱リノベ施工事例はこちらから↓

猫ちゃんと暮らす🐈1LDKのガレージハウス🚗リノベーション施工例|静岡市H様邸/鉄骨造

築44年耐震3倍で寒くない家に🏠耐震補強&断熱リノベ施工例|静岡市R様邸/木造

仲良し夫婦の心地よい暮らし🙂断熱リフォーム施工例|静岡市M様邸/鉄骨造

 

お家のちょっとしたメンテナンスから大型リフォームまで承ります。

施工事例はこちらから

 

弊社にはリノベーション体感型展示場があります!!

ご予約いただければいつでもリノベ後の暮らしを体感することができます。

是非ご来場ください✨詳細・ご予約はこちらから☟

リノベ体感展示場のご案内

静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も

住まいの事なら何でも!ご相談ください。

📞0120-333-271 または ✉メール

LINEによる問合せも受付中です!!

 

 

 

 

 

 

 

おかげさまで創業106年!!信頼と実績の

PanasonicリフォームClub池田建設(株)

静岡市駿河区曲金2-3-8

ご相談はこちらから
0120-333-271 0120-333-271
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る