重量鉄骨住宅二世帯リフォーム 外壁塗装改修工事 静岡市清水区 漏水修繕

静岡市清水区の重量鉄骨住宅二世帯リフォーム

外壁塗装改修工事の様子です。

他社様施工 お宅の 改修工事を仰せつかりました。

 

外壁にはラムダサイディングを使用しています。

無塗装のままで、コンクリートの質感があり、

吸水性が低く水密性・耐火性に優れた材料ですが、

経年劣化にて表面が膨れたり、削れたりして来ます。

こうなると当初の性能が無くなり、ジョイント部のシールも切れ、雨漏りの原因になります。

設計事務所様は この外壁材を好んで採用されますが、

やはりアフターメンテナンスは重要になるのです。

 

今回は外壁のジョイントシールも劣化して、殆ど残っていませんでした。

 

塗装改修に伴い、まずは高圧洗浄を行います。

 

高圧洗浄をしただけで外壁の汚れ・コケ等を除去できます。

 

洗浄後、表面の劣化部分をサンディングにて削ります。

 

削った感じがこうなります。凸凹はほぼ消えました。

 

ラムダサイディングへの下塗り(プライマー)は、

2液性のカラコン用プライマー「ユータック」を使用します。

 

外壁全面にプライマーをローラーにて塗って行きます。

 

仕上は日本特殊塗料「シルビアNADシリコン」の5分艶指定で行いました。

 

仕上塗料もローラーにて2度塗りを行います。

*吹付け塗装の方が早いのですが、街中で近隣様との距離が近かったので

塗装材料の飛散も考慮しローラーにて施工しました。

 

 

塗装工事の不備が無いかを、塗装完了前と足場撤去前に行います。

外壁塗装前には、何度も水掛け試験を行い

漏水箇所をチェックしました。

 

再点検後、足場を撤去し完了となります。

 

ページトップへ戻る