靴箱扉の修理。丁番の取替! 重量鉄骨の家アフター訪問 / 沼津市 ~Ko.Vの新人日記~60歳からのリフォームショップ静岡市のパナソニックリフォームクラブ池田建設㈱

 

こんにちは!

今回は沼津の築12年のお客様から、

靴箱の扉が閉まらなくて困っている、とのご要望があり、

修理を行って来ましたので、その様子をお伝えします

こちらが、その靴箱

靴箱の上にあるかざりがまるくてかわいいですね!

見て分かるように、扉が閉まりきらなくなっています……

本来であれば、しっかりと閉じるはずなのですが、丁番のバネがきかなくなっているために、

こうして自然と開いてしまう状態に

元にもどすために、丁番と台座を取替えることに

 

こちらが取り寄せた新しい丁番と台座

 

扉を取り外し、まずは台座を取替

 

そして、丁番を取替

穴の位置もピッタリです

丁番の交換も完了し、扉をつけます

扉をつけると、このように閉まりきることが出来るようになりました

これで完了。と言いたいのですが、扉の位置がずれており、

上下の高さが違ったり、扉の隙間が大きすぎて中が見えてしまっている状態

これは台座と丁番にある調整ねじを回すことで整えます

丁番の根元にある2つのねじが内外、前後を調整し、台座には上下を調整するねじが

これらを、位置を確認しながら調整することで……

このようにピッタリとはまりました

上下を合せようとすると扉の隙間が大きくなってしまったり、

逆に扉の隙間を埋めようとすると上下が合わなかったりと、

ピッタリ合せるのは意外と大変です

 

これで扉の丁番・台座の交換は完了

扉がしっかりと閉まりきるようになり、見た目もスッキリしました

扉が閉まりきらず、少しだけ開いてしまうのはやはり気になってしまう所だと思いますので、

しっかりと閉まってくれた方が気持ちもいいですよね

池田建設では、メンテナンス、アフター点検も実施していますので、

何か気になることがございましたら、

ぜひお気軽にご相談ください

静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も

住まいの事なら何でも!ご相談ください。

 

 

 

 

 

おかげさまで創業103年!!信頼と実績の

PanasonicリフォームClub池田建設(株)

静岡市駿河区曲金2-3-8
054-654-5211

ページトップへ戻る