スタッフブログ

重量鉄骨住宅の塗装リフォーム工事 第2弾コーキング!

 

こんにちは

 

前回は、I 様のお家の状態を確認し、塗装する前に高圧洗浄をしましたが、

今回は外壁塗装に入る前にコーキングをしていきます

 

そもそもコーキングって何なのと建築初心者な私

まずはネットで調べてみると、

 「気密性や防水性向上のため、隙間を目地材などで充填すること」

とのこと……

言葉だけではピンとはこないので、実際の現場を見てみると、

こちらはベランダの笠木と手すりの写真なのですが、

笠木の継ぎ目や手すりの柱の取り合い部分に何かを詰めています

この詰めている材料が、先ほどの目地材、つまりはコーキング材で、

これを笠木の継ぎ目や外壁の板間などの隙間に詰めて、

水が入らないようにする工程をコーキングと呼んでいるのだと、

先輩からのアドバイスを頂きました

(ちなみに、笠木とは手すりなどの上端にかぶさっている材のことだというのも初耳です

 

これが終わると、

このように隙間がなくなりました

これによって雨漏りを防ぐことにもつながる大事な工程なのだと、

塗装屋さんからも教わりました

 

さて、全ての箇所でコーキングが終わったら、次はいよいよ外壁の塗装です

また次回、続きを掲載しますので、ぜひご覧ください

静岡市でリフォーム・リノベーション・耐震・新築も

住まいの事なら何でも!ご相談ください。

 

 

 

 

 

おかげさまで創業103年!!信頼と実績の

PanasonicリフォームClub池田建設(株)

静岡市駿河区曲金2-3-8
054-654-5211

ページトップへ戻る