スタッフブログ

中古住宅購入の安心のために  ホームインスペクターの仕事

 

 

ホームインスペクターの仕事を紹介します。

中古住宅をこれから購入したいというお客様から、

ホームインスペクション(既存住宅現況検査)の依頼があります。

普段の業務は、リフォームや新築などの仕事もありますが、今、増えているのがインスペクションの仕事です。

今回は、売主さんでも、仲介業者でもなく、またその後のリフォーム業者でもない、第三者の当社へのご依頼です。

チェックリストにのっとり、構造的なことや防水に関することなどを外部と内部を検査します。

もちろん、表面的には判断できないこともありますので、点検口から覗いてチェックします。

 

基礎のクラックが構造体に影響を及ぼすかの確認をしていますが、問題なしです

他にも、柱や壁、床の傾斜の確認などもします。

 

中古住宅は、新築で義務化されている瑕疵担保保険がつきませんが、インスペクションをし劣化事象などが認められなければ、

そのまま、中古住宅瑕疵担保保険(当社の場合はJIOで最長5年 最大保険金支払限度額1000万円)に加入できますし、

劣化事象などがある場合は、それを直し、検査を受ければ中古住宅瑕疵担保保険に加入できます。

安心要素が増えることになります。

http://www.jio-kensa.co.jp/insurance/hoken/sc-reform.html

 

と、難しい説明ですが、インスペクションとは、住まいの健康診断のこと。

そして、健康診断を行って、すべて問題ない状態でしたら、保険に加入できますとのこと。

(人間も一緒????)

また、ローン減税などのメリットもあります。

 

なんだか、難しいと感じる方は、まず当社へ連絡ください。

リファイン東静岡

静岡市駿河区曲金2丁目-3-8

054-654-5211

ページトップへ戻る