スタッフブログ

築37年、セキスイ・プレファブ住宅の外装塗装工事 防水工事編!!

外装リノベーション防水工事中の写真

 

こんにちは、『うっき―』です。

今回は、築37年のプレハブ住宅外装塗装工事、防水工事編ということで、

塗装をする前に行った、雨漏りさせないための防水処理を紹介します!

 

外部の仮設足場を組みましたら、事前に建物の隅から隅まで、

防水処理が必要な箇所をチェックしていきます。

住まれているお客様に、今までのお話しをお聞きしながら、

現在シーリング処理してある箇所やその他、水が入りそうなところについて

防水処理を行う事にしました。

 

まずはサッシと外壁の取合です。

元々、2~3㎜程のシーリングが打ってあったのですが、亀裂が入っていたり、

劣化して剥がれてしまっている部分もあります。

外装リフォーム防水工事前の写真

今回は、既存のシーリングの上から、増し打ちをします。

外装リフォーム防水工事後の写真

サッシ枠にかぶせてシーリングを打ち、すき間を作らないようにします。

 

屋根の板金部材の継ぎ目や、外壁取合もシーリング処理していきます。

外装リノベーション防水工事前の写真

屋根は特に雨漏りの原因となるため、水が入らないよう、すき間をしっかりと塞ぎます。

でも、雨水を逃すための『水抜き』構造となっている板金納まりもありますので

その『水抜き』部分は塞がないことにも注意が必要なんです。

外装リノベーション防水工事中の写真 

外装リノベーション防水工事後の写真

 

その他外壁貫通部です。

換気フードや、エアコン配管カバー廻りの外壁取合もシーリング処理します。

外装リフォーム中防水工事の写真 外装リフォーム防水工事後の写真

 

今回外壁目地は目地カバーが施工されていたため、シーリング処理は必要ありませんでした。

ですが、1箇所、雨が2階の外壁目地をつたって1階屋根にポタポタ落ちる音が気になるとの

ご相談を受けたため、その部分のみシーリングをさせて頂きました。

外装リフォーム防水工事後の写真

 

防水工事は雨漏りや建物の劣化を予防するための重要な工程です。

ですが、シーリングに亀裂や、剥がれている部分が見られたら防水機能が低下している証拠です。

5~10年を目途に打ち替えが必要といわれています。

気になる方はぜひこちらからご相談を!

外装リフォーム施工事例はこちらから↓

気づいてからではもう遅い!?外装工事の大切さ 静岡市で外回りのメンテナンスを行いました

お住まいの“顔”のリニューアルを実現しました。重量鉄骨住宅玄関リフォーム ~外壁塗装・玄関サッシ編~静岡市I様邸/鉄骨造

重量鉄骨住宅のアフターメンテナンス! 外装のリフォームで更に永く住んで頂けます。

以上、うっき―でした^^*

お家のちょっとしたメンテナンスから大型リフォームまで承ります。

施工事例はこちらから

 

静岡市葵区・駿河区・清水区、富士市、焼津市、藤枝市にお住まいの方!

リフォーム・リノベーション・耐震・新築も住まいの事なら何でも!ご相談ください。

お問合せはこちらから

📞0120-333-271 または ✉メール

LINEによる問合せも受付中です!!

 

 

 

 

おかげさまで創業106年!!信頼と実績の

PanasonicリフォームClub池田建設(株)

ご相談はこちらから
0120-333-271 0120-333-271
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る