施工例紹介

NEW

昭和53年に建築された間口2間の家 耐震補強工事フルリフォーム工事 静岡市葵区

耐震補強工事とリフォームで新築以上の住みやすくきれいな家になりました。

耐震フルリフォームで一番重要なのは構造の補強計画です。

   rifainn 1          rifainn2

現場調査とその図面解析による現況耐震診断のうえ耐震補強提案の検討がされ最優良な補強方法が決定しました。

お客様にその補強方法について詳しくご説明のうえ工事開始します。 

造部分のみを残したスケルトン状態

       

既存住宅は当社施工ではないため解体してみると、

予想外の構造の部分がありました。

                  

細部の補強方法を再検討します。

     

制震装置のHIダイナミック制震装置取付。

    

この装置の設置により地震による

「建物の変形が少なくなる」

「土台接合部などの損傷がしにくくなる」のです。

過去の地震でも1発目の本震では建物が頑固にもちこたえても接合部の破損により余震で倒壊してしまったなどという建物が多くありました。

この制震装置はその本震での接合部等の破損を抑え余震での倒壊を防止する効果があります。

       

特殊オイルダンパーの働きにより地震の揺れをしなやかに吸収します。                 

AFTER


床暖房が付き 浴室暖房乾燥機 そして浴室全体が断熱材にくるまれています

灯りも白色からオレンジ色に変わります

足元から暖かくって 冷めなくって 癒される

BEFORE


施工前は 在来工法のタイルの浴室にステンレスの浴槽でした

寒かったことと思います

そして 足が冷たかったことでしょう。

AFTER


ガスからIHへ

耐震補強された壁に断熱材がばっちり入り

レンジフードもすっきり

BEFORE


AFTER


BEFORE


施工例紹介TOP
ページトップへ戻る